味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT自分たちのお客様。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2017年12月07日

自分たちのお客様。

 

 船井総研にも、競合会社はある。船井総研の住宅不動産コンサルテインググループにも競合企業はある。

 

 普通であれば競合会社を調べ、競合対策をしなければいけないはずだ。

 

 ただ、私は船井総研に転職で入社して20年。そのようなことをやったことはほとんどない。また、会社としてもモデル他社を研究することはあっても、競合対策をするようなことはほとんどない。

 

 もっと競合会社のことを調べ、対策をとった方がいいのかもしれない。

 

 しかし、船井総研はどうあるべきか。自分たちはどうあるべきか。これまで歩んできた道、自分たちの強み、今のお客様と未来のお客様。こういったことは真剣に考える機会が多い。また、会社としても、あるいはコンサルタントしても高い意識で考えている。

 

 競合会社がどうのこうのということではなく、自分たちとお客様はどうなのかをよく考えている。

 

 住宅事業をしていると競合会社がでてくるのは、ほぼすべてのお客様で見られることだ。競合会社の動向も気になる。

 

 しかし、気を付けなければいけないのは競合会社を意識しすぎて自分たちと、今と未来のお客様を見失わないことだ。

 

 自分たちから買っていただくお客様はどのようなお客様なのか。そして、そのお客様に今以上に多くの方に来ていただき、選んでいただくにはどうすればいいか。

 

 私は競合対策以上に、このことを突き詰める姿勢が結局、差別化となり、他にはない魅力的な会社になると考えている。

 

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄