味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT吉本の笑い。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年01月27日

吉本の笑い。

 

 「吉本新喜劇のどこが面白いのかはよく分からん。」

 

 他県の人に言われることがある。確かに、毎回、似たようなストーリーでギャグもほぼ同じ。同じようなドタバタの笑いが繰り返される。冷静に見れば何が面白いのかが分からないのかもしれない。

 

 ただ、我が家の子供たちは幼かった頃から大好きで、今も大笑いをしている。その笑っている姿に私は笑っている。

 

 そういう私も小学生くらいまでは毎週楽しみに観ていた。そして、きっと大笑いしていたことだろう。大阪の子供の多くは吉本新喜劇を見て大きくなっている。きっと。

 

 吉本興業は新喜劇の他にも全国トップレベルの漫才や落語家も生んできた。また、探偵ナイトスクープという笑いの長寿番組もある。この番組も私は中高生の頃から大好きだ。

 

 そして、我が家の子供たちも漫才や探偵ナイトスクープが大好きである。

 

 大阪は笑いの街と言われる。確かに、笑いに溢れている。そして、笑いがクセになり習慣になっている。

 

 家のなかでたくさんの笑いがある。これは夫婦、そして家族を幸せにする。幸せな家族が増えれば社会も幸せになっていく。

 

 今、NHKの朝ドラで放映している「わろてんか」は、吉本興業がストーリーになっている。

 

 家族を笑いで幸せにする。

 

 我が家でも大笑いしている子供たちを見て、素晴らしい会社だなとあらためて思っている。

 

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄