味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTメダルの背景にあるもの。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年02月15日

メダルの背景にあるもの。

 

 平昌オリンピックでの日本人選手のメダル獲得が続き、私のなかでもオリンピックが盛り上がってきた。世界トップレベルの選手たちの競技を見ていて思うのはやり抜く(グリットする)ことや、あきらめないということだ。

 

 昨夜、NHKを見ているとパシュート女子選手を取り上げた番組があった。何気なく見ていたのだが、女子スケート界にはこれまでに大きなドラマがあり、それを見ていて感動した。

 

 4年前のソチ五輪ではメダルゼロに終わった女子スケート界。それから改革が始まった。代表チーム結成やスケート強豪国のオランダから監督を招いている。

 

 ソチ五輪での女子パシュートはそのオランダに大負け。まったく歯が立たない状態で負けている。4年でこのチームに本当に勝てるのかと思わざるを得ない結果だった。

 

 それが、今回のオリンピックではオランダと僅差を競う強豪チームになっている。

 

 体格差ではとても勝てない。日本人は小さい。オランダ人は北欧の国、体格が大きい。そのハンデをどう補うか。それがこの4年の戦いだった。

 

 勝つためにどうするか?

 

 選手の動きをピッタリと合わせる。その動きはもう美しいと思わせるほどのレベル。そして、前の選手が後ろに行くときの非常識と言える交代方法。

 

 そういう発想やチャレンジは、すべて「勝つためにはどうすればいいか?」の問いからきている。

 

 そして、大きな目標だった世界記録も更新をしていく。気づけば目標としていた世界記録から、5秒も縮めるようになっている。信じられない記録である。

 

 そこには前回負けたからこそ生まれた意思の強さや意識の高さ、そして練習量がある。

 

 努力に勝る才能はなし。

 

 決して才能だけではない、選手の懸命な努力を感じたい。そう思わせてくれる平昌オリンピックである。

 

 ニッポン、頑張れ!

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄