味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT男性は女性に宝石を売れるか?

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年03月29日

男性は女性に宝石を売れるか?

 

 男性が自動車を購入するときは、男性の営業マンから買いたい?

 男性がスーツを購入するときも、男性の店員から買いたい?

 

 では、

 

 女性が化粧品を購入するときは、女性の店員から買いたい?

 女性が宝石を購入するときは、女性の店員から買いたい?

 

 このように商品やサービスによって、販売は男性向きなのか、それとも女性向きなのかがある。

 

 住宅はどうだろうか?

 

 一般的には男性の営業マンの方が多い業界である。ただ、すでにこの業界も活躍する女性は増えてはきている。

 

 住宅リフォームはどうだろうか?

 

 こちらも男性営業マンの方が多い。この仕事は女性ひとりでお客様を担当していくのは、なかなか厳しい。誰かが分からない顧客宅へ女性ひとりで訪ねる。施工管理者として女性が男性の職人に指示をだす。

 

 仕事の内容を考えると現実的には難しい。ただ、商品内容から考えると女性営業の方が適している。リフォームは家のお困りごとをなくしていくビジネスである。家のことで悩んでいるのは男性?、それとも女性?

 

 あらためて言うまでもないが、女性である。つまり、リフォームは宝石や化粧品のように女性の商品なのである。

 

 では、女性と男性のペア型営業と考えるとどうだろうか?

 

 ひとりではなく、二人で動くことになるので、髙粗利でなければいけないが。

 

 ここに増改築ビジネスが当てはまる。

 

 大手ハウスメーカーの増改築営業では女性ペアで成果を上げている会社もある。

 

 住宅リフォームや増改築は、本来は新築以上に女性が活躍するビジネスなのである。そうなるためにはどうすればいいか。

 

 それを具体化させていきたい。

 

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄