味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT社員の主体性を嘆く前に。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年06月06日

社員の主体性を嘆く前に。



 「どうすればもっと主体的に責任をもって仕事をしてもらえるようになるのか?」


 社長は社員に対して、またリーダーはメンバーに対してこう思うときもあるのではないだろうか?


 私の場合を振り返ってみると、船井総研で仕事をするようになってからは、やらされ仕事だと思いながら仕事をしたことは一度もないように思う。


 すべての仕事をお客様のため、そしてコンサルタントとして成長をしていく自分のためと思いながら仕事をしてきた。あるいは、そう思えない仕事は断りやってこなかったのかもしれない。ただ、私としてはそういうこともやってこなかったように思う。


 仕事をお客様のため、自分のためと思いながらできているときは、主体性は自ずと発揮される。


 そして、その仕事には自由があり、自分の仮説やチャレンジを活かすことができる。仮説検証できるところが面白い。


 それが会社のやり方、またやるべきことを会社で決められ、その通りに進めていかなければいけない。自分の仮説やチャレンジもできなくなってくると、主体性は生まれなくなる。


 やらされ仕事へと変わっていく。


 社員やメンバーが主体性を発揮する仕事の振り方をしているか。そういう会社の仕組みとなっているか。社員やメンバーの意識に原因があるだけではない。そういう意識へとさせてしまった会社や社長、リーダーにも原因がある。


 そう考え、対策をたて変えていったほうが早くに社員の主体性が発揮される組織へなっていく。


 失敗が許容され、そして、その失敗は自己責任となる環境がメンバーの主体性を発揮させる環境には必要なことだ。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄