味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT気配り。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年06月08日

気配り。



 気の利かない人にマイホーム選びや新築のアドバイスを受けようと思うだろうか?あるいは、気の利かないコンサルタントに経営のアドバイスを受けようと思うだろうか?


 気が利かないというのは、接客や営業の仕事をする上では大きな欠点となる。


 気の利かない人を相手にするとこちらの気分が悪くなり、面倒にも思う。私であれば、担当を変えて欲しいと申し出るだろう。


 そして、気の利かない人がいるとその会社にもよろしくないイメージを抱かれることにもなりかねない。会社が社員に気配りの教育ができていないと見られる。会社全体が気の利かない会社だと思われる。


 こうなると担当者ではなく、その会社を選ぶのを止めておこうということになる。社員一人の対応が会社全体のことになってしまうのだ。


 反対に会社やショールームで気配りが感じられることがあると、会社の印象を変える効果がある。そうなると社員一人の対応が悪くても、その人がまだ十分に教育をされていないので気配りが足りないだけで、他には教育が行き届いた社員もいるはずだと考える。


 例えば、スターバックスを利用していたときに、気の利かないスタッフの対応を経験したとしても、スターバックス全体のイメージは変わらない。


 私のご支援先企業様では、雨の日になるとお客様のために濡れた体や鞄などをふくためのタオルを自由に使えるようにさっと用意する会社がある。


 それを見たときの私の感想は、「気が利くなぁ。」だった。


 こういう会社はトイレにも気配りができている。


 こういったことからお客様は会社の気配り力を感じる。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄