味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTデジタルシフト化に必要なこと。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年06月24日

デジタルシフト化に必要なこと。



 報告書は紙、会議資料も紙、コミュニケーションはすべて対面など。


 まったくデジタル化されていないのがこういう状態。


 今のデジタルネイティブと言われる新入社員からすると、こういうやり方の方がおかしいと感じる。無駄で効率が悪いものと考える。


 そこで、ITツールを使って会社のデジタル化を図っていこうとするが、遅々として進まない。


 その原因は、反デジタル化世代の存在が大きい。


 そういうものを使わないで実績を上げ、社内では経営幹部や管理職となっている人たちが反対する。あるいは上手く適応できない。


 その最も大きな原因となる可能性が大きいのは経営トップ、つまり社長である。


 40~50代以上の社長は特に自覚をした方がいい。自分自身がデジタルシフト化の反対勢力になっている可能性が高いことを。働き方改革が進まないのは社長自身が抵抗勢力になっていることを。


 それを防ぐには40代以下の社長に交代すること。あるいは、若手社員が進めるデジタル化の応援勢力となること。


 ちなみに船井総研ではデジタル化が進んでいるが、トップが40代の社長に変わっていることも進む要因になっていると、私は思っている。


儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄