味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTパフォーマンス最大化のために。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年07月12日

パフォーマンス最大化のために。


 生産性を上げたい!


 多くの社長が考えていることだ。営業部長などメンバーを率いるリーダーも考えていることだろう。


 いかにして組織の生産性を高めるか?


 それには様々なことが言われる。そのツールややり方も様々だ。評価制度を変える。会議のやり方を変える。福利厚生を変える。新たなITツールを導入する。ビジネスモデルを変える。等々。


 ただ、根本的なこととして、しかも重要なこととして私が思うのは、メンバー個人のパフォーマンスが最大化できているかどうかということ。


 それができていない、あるいは低い状態でやり方を変えてもそう大きな変化はないのではないかと考えている。


 だから、まず考えるべきはメンバーのパフォーマンスを最大化させることだ。


 では、どうすればそれができるのか?


 スキルや能力を高めることは必要。そして、次にそのスキルや能力を最大限に発揮できる状態をつくらなければいけない。そのためには、コンデイションづくりが必要。


 スキルや能力を発揮できるコンデイションが必要なのだ。コンデイションが悪いとせっかくのスキルや能力が使えない。


 そして、整えるコンデイションには3つあり、「心の状態」、「頭(脳)の状態」、「体の状態」を整えることがコンデイションを整えることになる。


 私の経験上、仕事がうまくいかない、疲れが溜まっている、元気がない、そんな40代以上の社長やリーダーに共通するのが運動をしていないことだ。


 逆に、元気でエネルギッシュで成果を上げている40代、50代以上のリーダーはほぼ全員が運動をして体を鍛える習慣を持っている。


 体を鍛えること。そのための運動をすること。それがパフォーマンスを高めることになる。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄