味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT未来の可能性をひろげるもの。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年07月28日

未来の可能性をひろげるもの。



 船井総研で語り継がれるものに、「成功の3条件」がある。それは、「素直、プラス発想、勉強好き」でいること。これは私が船井総研に転職をして、まず初めに覚えた言葉かもしれない。


 そのなかにもある、「素直」。


 「素直」は、未来の可能性をひろげるものだと思っている。経営者でも素直な方は会社を成長させていく。


 「素直」の反対はなんだろう?


 「否定」だろうか。「頑固」だろうか。「こだわり」かもしれない。


 これまでの経験や学んだ知識で物事を判断していく。この姿勢は、人を頑固にし、否定的な人間にしていく。


 人の寿命が長くなったとは言え、100年生きる人はまだまだ少ない。私などはまだ50年生きていない。50年で知りえることはたかが知れている。


 また、世界を見渡すと行ったことがない国が圧倒的に多い。経験したことや知っていることは、知れている。ごくわずかなことだ。


 世界はまだまだ広い。つまり、知らないことの方が圧倒的に多い。


 そういう姿勢でいると知らないことや新しいことに出会ったときに、まずは知ろうとする。そこで、否定はしない。こだわりも持たない。


 それが、未来の可能性を大きくする。


 自分の未来に可能性が感じられないとすれば、これまでのちっぽけな経験や知識にこだわっているからだ。


 つまり、過去に生きているからだ。


 過去に生きているかぎり、今を生きることはできないし、未来がひろがっていくことにもならない。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄