味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT3つの一番化。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年09月04日

3つの一番化。



 船井総研は「一番化経営」を原則としてコンサルテイングをしている。小さくてもいいから、一番をとりにいく。


 その理由は、一番になると主導権をとれるようになるからだ。利益率にも違いがでる。


 そして、一番には3つある。このうちどれを狙っていくのか。それを決めることが戦略である。


 まずは、「ナンバーワン」。


 これこそが最終的に目指すべき一番である。その市場において総合的にシェアナンバーワンを目指す戦略である。


 次に、「オンリーワン」


 これは他社と差別化された一番である。一定の顧客層に高い支持を受ける。独自性の重視や差別化戦略をとっていく。


 そして、「ファーストワン」がある。


 これはその市場で一番早くに事業を立ち上げて、拡大展開を進めることである。新規事業の立上げの際、この戦略をとる。まだ成熟していない商品やサービスを扱い、どの会社よりも早く事業展開を進める戦略である。


 ちなみに受注単価1000万円超を狙う増改築ビジネスは、今のところ多くの商圏においてファーストワン戦略がとれる事業である。


 まだ、ほとんどの商圏で専門組織をつくり事業展開をしている会社が存在しない。


 空白マーケットになっている。実際、新築戸建て事業と比べると、競合が緩く、そのために契約率も高い。


 新築戸建て事業とは、まったく違う環境が住宅業界のなかにまだある。


 あとは、いち早くこのチャンスに社長が気づくかどうか。その違いとなってきている。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄