味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT台風21号。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年09月05日

台風21号。



 凄まじい威力の台風だった。とにかく風が強い。風速50メートル級の風の強さは、家を揺らすなど恐怖を覚える。


 我が家は幸いにも大きな被害にはならなかったが、近所には屋根がすべて吹き飛ばされた家、外壁がはがれた家、屋根の瓦が飛ばされ周囲の道路に散乱している家、大木が切り倒された家、カーポートが飛ばされた家など、我が家の近所だけでも大きな被害を受けた家が何件もある。


 台風後もしばらくは救急車やパトカーのサイレンが長く鳴り響いていたので、あちこちで被害がでているのだろう。停電も起きたので、道路では信号が機能せず渋滞にもなっていたようだ。


 関空は海に沈んでしまっているし、連絡橋には船がぶつかり道路にめりこんでいる。関空が復旧するまでにはしばらくかかるだろうから、経済的被害も大きくなる。


 南海トラフなど大地震が来た時にはどうすればいいか?
 大豪雨が来た時にはどうすればいいか?
 そして、巨大台風が来た時にはどうすればいいか?


 備えあれば憂いなし。この言葉が本当に身にしみる。


 会社や家庭でももし来た時にはどうするか?そんな話をしてイメージをしておくだけでも少しは備えになる。


 家のガラスが強風で割れたときはどうするか?反対側の窓を少し開けたほうがいいようだ。そうしなければ家のなかに強風が吹き込み屋根を飛ばしてしまう可能性がある。そんなことは知らなかった。


 ただ、巨大地震と同時に大豪雨、巨大地震と同時に巨大台風、ましてや3つが同時にやってきたときはどうすればいいか?


 そこには、想像できない怖さがある。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄