味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTなぜ、富士登山にチャレンジをするのか。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年09月08日

なぜ、富士登山にチャレンジをするのか。



 私はここ4年、毎年、富士山に登っている。


 一度目は、もうわくわくしかなかった。ただ、下山した時に足がとても痛くなり、もう富士山に登るのはやめよう。これで最後にしようと考えた。


 しかし、次の年、また登った。そのときになると一年前の辛かったことは忘れていたのだろう。そして、そのときに見た御来光は最高に美しかった。


 そして、それを求めて次の年も登った。無事、山頂へ行けたが残念ながら曇り空で御来光はまったく見られなかった。


 さて、今年も4度目の富士登山にチャレンジをすることになった。もう今は正直に言うと「楽しみ3割、しんどさ7割」という感じ。


 それでも、登る。


 ただ、今年は残念ながら悪天候のため5合目で断念。登山は一歩もできなかった。残念。


 せっかくなので一緒に登ろうとしていた仲間と箱根へ向かい、温泉旅館を愉しんだ。私は箱根へ行ったことがなく、これはこれで楽しかった。


 あらためて、毎年、なぜ楽しさだけではない富士登山にチャレンジをするのか。


 ひとつは、一緒に登る仲間がいること。そして、まだハッキリと分からないが富士山の魅力がある。私がまだ知らないどんな魅力があるのか。


 それを求めているのかもしれない。


 これで毎年の連続登頂はできなかった。4年連続のチャレンジで3回の登頂となった。


 11年連続チャレンジで、10回の登頂を目指して、来年も登ることにしよう。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄