味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT立ち上げた事業の見るべき所

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年10月03日

立ち上げた事業の見るべき所



 新規事業の立ち上げには様々なことが起きる。それでもスムーズに売り上げが上がっていけばいいが、そのようにいかない場合もある。


 そうすると、できない理由や上手くいかない理由に視点が向きがちである。


 すべての準備を完璧に整えて新規事業を立ち上げられるケースなどはほとんどない。どの会社も課題や足りない点を抱えながら立ち上げていく。


 特に人材も資金もそれほど余裕があるわけではないなかで事業を進める中小企業では、それが当たり前だ。


 なので、想定通りに、計画通りに新規事業が上手く立ち上がっていくとは思わずに、想定外のことが起きたとしてもその準備も進めながら、また粘り強く事業を進めることが必要だ。


 例えば、

 ・社員が辞めると言ってきた。
 ・初めての集客イベントが思うようにお客を集められなかった。
 ・受注が計画どおりに上がってこない。
 ・集客はあるがターゲット客の割合が少ない。
 ・社員の動きが遅くスピーディさに欠ける。
 ・新たな協力業者が見つからない。
 ・採用スピードを高めたいがいい人材がいない。
 など。


 うまくいかない理由はいくらでもあげられるだろう。また、誰でも考えられることだ。


 過去と今だけを見ているとこうなる。しかし、様々なことが起きる新規事業こそ必要なのは未来の視点である。


 事業の先を見ること。成功している未来をみること。ビジョンを描くこと。特に、新規事業を率いるリーダーには必要な視点である。


 具体的な課題を解決しながら、見るべき所は未来。


 未来を見て、ワクワクと新規事業を楽しもう!

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄