味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT思い込み。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年10月12日

思い込み。



 野球選手でも、「2割の打率であればキープできますよ。」という選手もいれば、「2割なんてそんなの無理ですよ。」という選手もいる。


 この違いは何なのか?


 その選手のそれまでの経験からくる思い込みなのか。それとも、本当の実力を表しているのか?しかし、2割しか打てなかった選手が3割以上を打つこともある。


 なぜ2割から3割バッターになれたのか。実力がついたのか。成長をしたのか。それであれば、2割バッターの実力だと思い込み練習も中途半端にする選手と、3割は打てるようになりたいと練習に励む2割バッターがいたときに、どちらが3割バッターをなる確率が高いか。


 答えは言うまでもない。


 同じようなことが営業にも言える。


 複数の会社をコンサルテイングしていると営業に対する考え方の違う社長や営業社員と会う。


 1000万円クラスの増改築営業でも3週間で契約を決めることを考える社長や営業社員もいれば、倍の6週間でも難しいと考える社長や営業社員もいる。


 そして、面白いように同じ1000万円クラスの増改築なのだが、一方は3週間から4週間で決まる案件が多く業績もスピーディに上がるが、一方はなかなか契約が決まらない。


 この違いは何なのか。


 それまでの経験からくる「思い込み」の違いでしかない。また、これは自分自身が思う以上に思考を固定化させる。


 やっている人や会社があれば、まずは自分たちもできるはずだと考えよう。


 例えば、2割バッターだとしても、来年も2割バッターでいる必要はないのだから。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄