味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT日本一を目指す!?

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年11月18日

日本一を目指す!?



 船井総研で仕事をするようになったからか、「日本一」にはつい反応をしてしまう。


 船井総研コンサルテイングの基本は、「一番店化」。地域で一番、業界で一番を目指すことに繁栄の道があるとしている。


 なぜなら、一番と二番の差は、二番と百番の差以上に大きいと考えているからだ。日本で一番高い山は誰もが知っているが、二番目の山となると誰も知らないと言われるように。


 娘が高校に入学をして弓道部に入った。聞くと高校で弓道部がある学校が珍しい。競技人口が少ない。そして、私に似て背が高い。また、バレエを小学一年生からやっているので体幹がしっかりしていてパワーもある。


 日本一となる条件が整っていると私には見えてしまう。だから、つい娘には「日本一を目指せ!」と言ってしまう。陸上競技で日本一を目指せとは言わないが、弓道であれば可能性があるのではないか。


 日本一にはどのような業界、業種、あるいは競技であれ大きな価値がある。


 さて、そんな日本一に今でも私が目指せるものがあればつい反応をしてしまう。その可能性を少し感じているのが、私が大学時代に競技していたボート(漕艇)だ。


 現役復帰をしている先輩がいて、聞くと50歳以上のマスターズ大会があると言う。その先輩は西日本大会で優勝をしたと聞いた。


 そんな話を聞くと、機会があればボートをもう一度漕ぎたいと思っている私も興味がわく。


 日本一を目指そうか!?


儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄