味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT人間関係への投資。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2018年11月21日

人間関係への投資。



 「社員には毎日幸せを感じながら働いて欲しい。」


 幸せを感じながら働くのと、まったく幸せを感じられないで働くのと、どちらの方が仕事の生産性は高いだろうか。


 あらためて言うまでもないが、幸せを感じながら働く方が生産性は高い。当たり前だ。


 では、社長やリーダーとして社員が幸せに働けるように実践していることはあるだろうか。


 その前に、「幸せとは何か。」について定義づけができているだろうか。「幸せとは何か。」の答えを持たずに幸せな組織をつくることはできない。


 ある会社で社内の「仲間感」を大切に組織運営をしているというリーダーがいる。社員同士が仲間としてつながる関係性をいかにつくっていくか。そして、それに必要な投資をしている。


 もし、あなたの会社の業績が悪くなった時、社員に何と言うだろうか?「ムダ話をせずそれぞれもっと仕事に集中して取り組むように。」と言うだろうか。そうした方が仕事の成果が上がると考えて。


 また、社内旅行や懇親会などのレクレーションをなくすだろうか。そのようなことに時間もお金も使っている場合ではないとして。


 実は、これはどちらも生産性を下げる。結果的に業績が回復するどころか、さらに悪くなる。そして、あなたはさらに頭を抱えることになる。


 なぜ、仕事の時間をこれまでよりも増やしているにも関わらず業績が伸びないのか?それは、仕事をするのは機械ではなく人間だからである。感情をもつ人間だから、単純に時間の使い方を変えただけで成果が変わることにはならない。


 どのような感情で働いているかによって成果が変わる。そこで大事な感情が、幸せを感じているかであり、人は人とのつながりを感じられるかどうかが幸せを感じられるかどうかになる。


 だから、仲間感が強い組織は幸せを感じられる組織となり生産性が高くなる。


 人間関係への投資の重要性に気づいているかどうかが、業績を左右する。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄