味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTリーダーとして部下に伝えるべき無形の資産とは。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年01月29日

リーダーとして部下に伝えるべき無形の資産とは。




 ご支援先企業様でリーダーが参加する社内勉強会に私も参加させていただいた。この勉強会をご支援先企業様では月に一度開催されている。


 そこでの今回のテーマは、「部下マネジメント」。テーマに沿った録画ビデオを見た後に、だされた課題についてまずは自分で考え、それから参加者とシェアをしていく。


 ビデオでは、リーダーにとっては部下の成功こそが自らの成功であること。そして、正しい考え方のもと適切なタイミングで適切な指導をしていくこと。部下の成果をつくりだすためのリーダーの仕事について学ぶものだった。


 その後にだされた課題のひとつが、「部下に伝えるべき無形の資産にはどのようなものがありますか?」というもの。


 部下を指導するなかで、部下にはお金のような有形な資産も必要であるが、それ以上に大事なのが無形の資産を渡していくことだとあった。


 部下が組織のなかにおいて活躍できる人材となり、部下の人生をより幸せなものにしていく。それがリーダーに求められるプロフェッショナルマネジメントになると。


 さて、あなたが営業社員を率いる営業リーダーであれば、部下に提供すべき無形の資産とは何だろうか?


 営業手法、トーク術、人間関係の上手な作り方など。これまでの営業経験で培ってきた手法がまずは考えられる。他にはいかがだろうか。


 あなたは組織のなかで部下を率いるリーダーである。そのあなたが部下に伝えるべき無形の資産である。


 部下に伝えられる無形の資産ではない、部下に伝えるべき無形の資産である。その背景には組織全体がより発展していくための、がある。より発展していく組織におけるリーダーとしてあなたが部下に伝えるべき無形の資産である。


 それは、「組織を伝える」ことである。


 組織の目的、理念、ビジョン、歴史、価値、大切にしていること。これがリーダーとして部下に伝えるべき無形の資産のもうひとつである。


 もし、リーダーであるあなたがこういったことを部下に伝えられないとすればあなたが組織のことを知らないか、もしくは組織にそのようなものがないかのどちらかである。


 そして、組織が発展していくためにはどちらの状況があっても不味い状態である。


 組織に無形の資産があるかどうか。そして、それがリーダーはもちろん、社員にも伝わっているかどうか。社長は会社の組織が発展していくものになっているかという視点でこうしたことを確認しておいたほうがいい。

 
儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄