味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTM&Aで業績を伸ばす。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年05月11日

M&Aで業績を伸ばす。



 トヨタホームとパナホームが新会社を設立して住宅事業を統合することが発表された。


 新築戸建て業界もいよいよ企業が統合していく時代になろうとしているのかもしれない。以前の金融業界のように三井と住友が統合されるような大型再編が起きるのかもしれない。


 新築戸建業界は自動車業界や電気業界とは違って小さな会社が数多くあるのが特徴。そのため大手企業と言っても、そのシェアは低い。


 自動車業界だとトップグループはシェア20%とか30%といった争いをしているのに対し、この業界はトップでも5~10%のシェア。


 数多くの会社が低シェアでの争いをしているのがこの業界の特徴。


 それが今後は新築戸建の需要が減っていく時代になる。実はここ数年は着工数の減少以上に、住宅工務店業界の企業数が減っている。


 市場の縮小以上に企業数が減っている。


 こういうなかで起きた今回の統合。そして、今後もこの動きは続くはず。大型企業の統合はもちろん、地方の中小住宅業界においてもM&Aによる統合は増えていくだろう。


 また、すでにM&Aで企業グループを大きくする地方の住宅会社は存在する。


 これまでは自社で採用した人材を育成して業績を伸ばすのが常識だったが、今後はM&Aも業績を伸ばすひとつの方法になっていく。


 先日、お会いした住宅会社の社長などは完全にそちらへ経営の舵を切っているようだった。


 今はまだこのような会社は少ないが、あと10年もすれば常識化しているはずだ。

 
儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄