味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT組織はトップで決まる。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年05月12日

組織はトップで決まる。



 「組織はトップで99%決まる」、船井幸雄さんが生前にセミナーや書籍でよく仰っていたことだ。


 しかし、実は、船井総研内の会議や研修では、本当は「組織はトップで100%決まる」と仰っていた。


 ただ、これを対外的な場で言ってしまうと、経営者にはきつい表現となってしまうから、少し気を使って1%だけ減らして99%としているということだった。


 本音では組織というものはトップで100%決まると考えておられた。私もこれまでに多くの経営者と会い会社も多く見てきたが、組織は100%トップで決まると思っている。


 さて、今年もプロ野球が盛り上がってきた。開幕してまだ2ヶ月と経たないが、各チームの特徴は見られるようになってきた。


 ちなみに今のセ・リーグ順位は、1位巨人、2位ヤクルト、3位タイガース。


 1位の巨人は今年から原監督に変わった。昨年までの3年間は高橋監督で2位、4位、3位という成績。2位のヤクルトは今年2年目の小川監督で昨年は2位。それまでの3年間は真中監督で1位、5位、6位の成績。3位のタイガースは今年から矢野監督に変わった。昨年までの3年間は金本監督で4位、2位、6位だった。


 まだ、シーズンが始まって2ケ月弱なのでまだまだこれからだが、チームカラーは感じられるようになってきた。


 私の印象としては巨人は明るくなった。昨年までの高橋監督はどうも暗い印象があり、その雰囲気がチームにも感じられた。また、タイガースも明るく活気が感じられるようになった。金本監督の頃は空気を押さえられているように感じられ選手が委縮しているように見えた。今年は若い選手の活躍が目立つ。また、ベンチも明るい。


 プロ野球チームを見ていても監督が変わることでチームが変わる。もっと言えば球団が変わればそのチームは大きく変わるはずだ。


 ホークスは南海からダイエー、そして今はソフトバンクとなっている。私は子供の頃、何度か大阪難波にあった大阪球場へ行き南海ホークス戦も見たことがあるが、そのころの面影はまったくないチームとなっている。


 組織は100%トップで決まる。


 会社であれば社長で決まる。また、チームや部、課などどのような組織もその組織はトップで決まるのだ。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄