味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT新しい監督像?

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年06月11日

新しい監督像?



 先週、日曜日の阪神タイガース対日ハムファイターズの試合はタイガーズのサヨナラ勝ちとなった。


 サヨナラヒットを打ったのは、大腸がんを公表し復帰したばかりの原口選手。


 まずは七回に梅野選手が勇気ある三盗でエラーを誘い、同点。そして、9回裏の攻撃はツーアウトランナー無しから高山選手、北條選手がヒットで続き、そこへ原口選手が代打で登場し、サヨナラヒットを打つ。


 これ以上ないストーリーで感動的な勝利だった。私は神がかっていると感じた。


 矢野監督の試合後のインタビューも印象的。試合を振り返るなかで泣いていたのだ。これまでに多くの監督がいたが、試合後のインタビューで涙を見せる監督はいただろうか。少なくとも私の記憶ではいない。


 矢野監督は今回の涙だけではなく、時には選手と一緒になって勝利を喜びあっている。大喜びする姿を存分に見せている。ここまで喜びを爆発させる監督も珍しいのではないだろうか。


 また、矢野監督がキャッチャーだったときのタイガーズは強かった。知的で冷静なキャッチャーという印象があるが、感情的な部分を持っていることもチームを強くしていたのではないだろうか。


 今、タイガーズは3位。ただ、目が離せないチームとなってきた。この試合のストーリーは感動的で神がかっているとさえ感じた。


 こうなってくるとチームに勢いがでてまだまだ強くなる。


 矢野タイガースは面白い。


 あともう一枚、あの選手が復活を遂げれば今シーズンのストーリーは完成するはずなのだが。いつ登場して活躍を始めるのかが待ち遠しい。


 優勝争いをする八月頃に復活をするのではないかと思っているが。さて、その選手とは誰か?


 「藤浪投手」


 この選手しかない。多くのファンが待っている。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄