味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTセミナーに社員だけで参加させる意味はある?

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年06月13日

セミナーに社員だけで参加させる意味はある?



 私をはじめ船井総研で開催するセミナーの多くは収益が上がる、もしくは業績アップを実現するための経営モデルを提言する内容がほとんどだ。


 なので、私としては経営判断ができる経営者や経営幹部向けのものとして考えている。


 しかし、時々、経営判断ができない一般社員や管理職クラスだけを参加させる会社がある。


 セミナー終了後にアンケートを記入していただくのだが、そこに、「この事業を進めていくためのコンサルテイングに興味がありますか?」という問いに対して、「一度、帰社して社長に相談します」とか「社長に相談をしてみないと分かりません。」などど回答されるのは、経営判断ができない人を参加させていることになる。


 我々としてはセミナーにも高額の費用を払っていただくので有難いことには変わらないのだが、その会社にとって本当に意味があるのだろうかと正直に言うと思っている。


 自社にとってセミナーで提言をしている内容が良いのかどうかが分からない。決して他では聞けない良い内容の話を聞いているとは思うが、判断はできない。


 社員に話を聞かせて、またセミナーの資料から考えようと思って社長は参加をさせていると思うのだが、セミナーで聞いた内容をどこまで正確に熱意をもって伝えられるかというと甚だ心配になる。


 社員が手をあげて、「社長、このセミナーはこれからの我が社にとって、とても大きなビジネスチャンスになる内容のものだと思います。なので、私に参加させてください。自腹でも構いません。」という意思表明のもと参加されているのであればいい。


 しかし、実際にはまずはこういう社員はいない。


 社長に行ってこいと言われて参加をしている人がほとんどだろう。そうなると、「そもそも忙しいのに、その合間にセミナーに参加して来いと言われるなんて・・・。」というマインドになっているかもしれない。


 そのようなマインドでセミナーに参加をしても得られるものもないし、社長へ伝えるのも内容の半分もないだろう。


 その会社にとって大きなビジネスチャンスを逃すことになる。


 社長が参加すべきセミナーと社員が参加すべきセミナーを間違えてはいけないとつくづく思う。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄