味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT未来の年表

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年08月04日

未来の年表


 ベストセラーである「未来の年表」(河合雅司)にはいくつものこらから日本で起きることが紹介されている。


 例えば、


 ・2020年 女性の半数が50歳以上になる。


 これなどは来年の話である。では、こうなると何が変わるのか?ますますおばさん市場が伸びる?出生数が増えることはない。


 また、


 ・2024年、死亡者が出生数の2倍になる。


 生まれてくる人の倍の人が死んでいく。このような社会とは一体どのようなものなのだろうか。子供の誕生を知らせるハガキよりも、亡くなったことを知らせるハガキの方が多く届く。


 ・2026年、高齢者の5人に一人が認知症になる。


 約730万人の人が認知症となる。日本全体で見ると、16人に一人が認知症という計算になる。あと7年後である。今でも高齢者による自動車事故が増えているが、さらに増えそうだ。それまでに車の安全性をさらに高めなければいけないのではないか。


 さらに、ずっと先になって2115年には日本の総人口が5055万5000人になる。今の半分以下だ。


 ただし、これらは未来の予測データである。これから日本が向かおうとしている大きな方向性なのだろうが、変わる可能性もある。


 未来のテクノロジー技術の進化などで人の寿命など変わる可能性があるからだ。


 大事なのは、この本で紹介されているような未来が来るとして、自分たちの生活の何が変わるのかを予測すること。そして、それに適応するために必要な行動へと変えること。


 自分自身が考える未来の年表づくりが必要で、このような本はそのヒントを与えてくれる。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄