味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTなぜ、会社を辞めるのか。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年08月08日

なぜ、会社を辞めるのか。



 船井総研は一般的には退職者が多いといわれるコンサルテイング会社のなかでは、まだ退職者は少ない方だ。


 それでも、他の業種の会社と比べると辞めていく人は多い方だろう。


 転職する人、独立する人、家業を継ぐ人など。辞める理由はいくつがあるが、そもそも入社の段階で、定年まで勤めあげようと考えている人は少ないと思う。


 しかし、「この人は辞めるのはもったいないなぁ。」と思う人がいる。船井総研にとっても、そして本人にとってももう少し船井総研で仕事をした方がいいのにと思う人がいる。


 そして、その場合の理由は、どちらかというと船井総研を嫌になって辞めていっているように思う。お客様は好き、仕事も好き、だけど、船井総研は嫌。


 また、これは実は船井総研が嫌なのではなく、今の上司や一緒に仕事をする人が嫌になっている。上司や同僚との人間関係が嫌になっている。会社はもっと大きいのだが、身近な関係性が会社となっている。


 上司や同僚からすると、部下やメンバーから会社を辞めると聞くのは突然の出来事のように感じるかもしれないが、本人からすれば決してそのようなことはない。


 思い付きで会社を辞める決断をするようなことはない。


 少なくとも数ケ月前から考え、悩んでいる。


 その様子を感じられなかっただけである。あるいは感じているのだが、それを言葉にできなかった。


 本人が会社を辞めると口にしたときは、すでに決心している場合がほとんど。そこから考えを変えさせるのは難しい。


 感じたときから早めにフォローをしてあげて欲しい。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄