味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORT高校野球。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2019年08月13日

高校野球。



 今夏も夏の高校野球が盛り上がっている。


 先週末のお盆休みに入ったくらいからは、第一試合から球場は満員となっている。私も高校野球が大好きで、夏の甲子園には毎年一度以上は行く。


 大阪の夏は暑いが、そのなかでも特に熱い甲子園へ行く。今では日本の夏に高校野球があることに感謝するほどになっている。


 なぜ、人はこれほどに夏の甲子園で盛り上がるのか。


 私は息子が野球を始めた小学一年生のときから通い始めた。それまでは観に行ったことはなく、テレビでもそれほど熱心に観戦するタイプではなかった。


 それが今のようにすっかり大ファンとなってしまった。


 高校野球は本当に最後まで試合が分からない。昨日の試合も逆転に次ぐ逆転や、9回ツーアウトからの猛攻で同点になるかといったシーンがあったように最後まで分からない。


 エラーやいきなり下位打線でホームランが飛び出すこともある。プロ野球の安定感とは違い、ハラハラドキドキが最後まである。目が離せない。


 それと多くのストーリーがある。チームとしてのストーリー、選手のストーリー、それに選手を応援する人たちのストーリーなど。


 そこには、友情愛、親子愛、チーム愛など多くの愛を垣間見ることができる。


 このハラハラドキドキ感の興奮と、日常では忘れがちな大切なことを思い出せてくれる。


 それが夏の甲子園、高校野球が多くの人から愛される理由ではないかと思う。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄