味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTお休み最後の日にすること。

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2020年01月05日

お休み最後の日にすること。



 今回の年末年始のお休みは長かった。私も9日間の休みとなった。


 本当にゆっくりできたと思う。家族はもちろん、学生時代の友人と会うなど良い時間を過ごせた。


 その長期休暇も今日が最後。子供の頃だと学校が始まると思えば、最後の休みの日は憂鬱になっていたものだが、大人となった社会人として今はどうだろうか。


 明日からのスタートに向けて準備を進めているだろうか。


 「いやぁ、それがなかなかできない。子供の頃のように憂鬱になっている自分がいる。」


 と感じている人もいるのではないだろうか。


 理想は仕事始めは明日からでも頭の中は仕事モードに今日から徐々に切り替えていく。そのために、午後は仕事をする。スケジュールを考えるのでも良い。


 「いやいや、もう予定が入っているから。また、せっかくの休みだからやっぱり休みとして過ごしたい。」


 そういう人もいるだろう。


 そういう人にはせめて今日の夜から明日の朝にかけて、おすすめの過ごし方がある。


 それは、まずは今日の夜はお酒を飲みすぎずに早めに寝ること。遅くとも23時までには寝たい。そして、睡眠時間は7時間くらいはとる。


 そうすれば翌日の朝は気持ちよく、また早くに起きられるはずだ。


 明日の朝からは少なくとも体調は仕事モードへと切り替える。頭のなかはまだ休みの感覚でも。せめて体の感覚を仕事モードへと変える。


 「年始はゆっくりエンジンをかけて仕事になれていけばいいや。」


 と考える人も多いだろう。また、挨拶回りがしばらくの仕事という人もいるだろう。


 しかし、そのなかで高い意識を持ち、成果を人並み以上に上げる人はそんな感覚で年始をスタートさせることはない。


 いきなり全力疾走を始める。そして、さらに他の人との差をつけていく。


 最後の休みを大切な時間として過ごしながら、午後から、もしくはせめて夜からは仕事モードへと切り替える過ごし方をしよう。


 大切な2020年の仕事始めを気持ちよくスタートさせよう。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄