味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEMISONO REPORTいくつまで働くか?

味園レポート

マネージャーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

一覧へ戻る

2020年01月11日

いくつまで働くか?



 今朝の日経新聞トップに、"「70歳超えても働く」過半数"という記事があった。60代の人にいくつまで働きますか?という問いに対して、54%の人が70歳を超えても働くつもりと答えたようだ。


 何歳まで働くつもりかに対する回答の平均値は、67.5歳。昨年より、0.9歳上昇しているという。


 人生100年時代を迎え、定年よりも長く働こうと考えている人が増えている。


 このなかで私が面白いと思ったのが、「70歳以上まで働くつもり」に対する年代別の回答。


 70歳代は、45%。
 60歳代は、54%。
 30~50歳代は、3割前後。
 18~29歳は、18%。


 結果から明らかなのは、若くなればなるほど70歳を超えたときには働きたくないと答えている。そして、60歳代が最も割合が高く、70歳代はそれよりも低い。


 これは何を表しているのだろうか。世代別のどういう心境が現われているのだろうか。


 私は今、50歳だが70歳を超えても仕事はしていたいと思う。バリバリ働くイメージはないが、何かの仕事はしていたいと思う。


 60歳が多いのは思っていたよりも、60歳代は体が動くことを実感しているからなのだろうか。それとも、この年代になっても将来不安があり収入が必要だと考えている人が多いからだろうか。


 70歳代となると体がきつくなり、もう仕事はやめてゆっくりと過ごしたいと考える人が多いのだろうか。


 30歳代から40歳代は今の仕事がきつく、収入を増やして早くゆっくりできるようにがんばりたいと思っているのだろうか。


 20歳代は70歳を超えることがまだ想像ができないだろうが、そんなに長く働くのがしんどいと思っているのだろうか。


 私も20歳代の頃はそう思っていたように思う。早期リタイヤをして50歳を過ぎたら世界中を旅行するなどしてゆっくり過ごしたいというような。


 そして、今、50歳になってみて思うのは、70歳を超えても仕事はしたい。


 何の仕事もしない人生は今は考えられない。


 世界を旅行しながら仕事をするのが、良いような気がしてきた。

 
儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄