味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

365日コンサルティング活動報告 MISONO REPORT 味園健治ブログ
MISONO PROFILE

コンサルティング 業績アップ! 最新情報を掲載 セミナー情報 当たるチラシ倶楽部 住宅・不動産
[住宅・不動産]当たるチラシ倶楽部-集客の悩みを解決したい方にオススメ-
HOMEMISONO REPORT

味園レポート

チームリーダーの味園が、全国的なコンサルテイング活動を通じて、クライアント企業や全国各地で見たもの、聞いた話、感じたことなどを気軽にまとめています。
※当サイトで使用されています画像、テキストデータ等のコピー、複製、無断転載は固く禁止します。

MISONO REPORTは新しいURLに移動いたしました。
新しいMISONO REPORTはこちら

一覧へ戻る

2010年12月23日

「小成功病」の恐ろしさ。




 「ここまで上手くやってこれたし、まぁ、こんなものでいいかぁ。」と、これまで取り組んできた情熱と比べれば冷めたことをする。


 危ない、危ない。これこそが小成功病だ。


 これの恐ろしさは、自分ではこれまでとやっていることは変わらないわけだから、同じような結果がでるだろうと思ってしまうこと。つまり、現状維持をしている感覚を持ってしまうことだ。


 ところが、実際には現状維持ではなく、それは衰退への道となっている。


 【現状維持=衰退】という恐ろしい関係があるのだ。


 社長がこのようなことを考え始めれば、もうその会社には未来の成長はない。成長目的は、決して売上げアップだけではない。社員の成長や粗利率アップ、商品開発などがある。


 いづれにしろ、成長目標を明確に決め、その達成に向かってチャレンジをしていくこと。


 このチャレンジ姿勢を持ちつづけることだ。


 このことはチラシづくりにも言える。


 何度か当たったチラシをつくるようになってくると、チラシ作りへの情熱がこれまでよりも冷めてくる。過去に当たったチラシをそのまま使ったり、少しだけ変更するようなやり方を始める。


 まったくゼロから変える必要はないにしろ、新規性は表現をしていかなければならない。


 では、情熱が冷めてしまったとき、どうすればいいか?


 それは、その仕事を人に譲ることだ。その仕事を情熱をもってやりたいと思っている人が他にいる。


 そして、あなたはより情熱が傾けられる他の仕事に取り組む。


 これが多くの人を成長させ、組織の発展にもつながる。


 

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄