味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEトピックスゼロエネルギー化住宅完成・施工物件視察セミナー
国内・海外視察ツアー

[UPDATE 2011年03月20日]

ゼロエネルギー化住宅完成・施工物件視察セミナー

 

 

小舟木エコ村。

 

 

 昨日は滋賀県近江八幡市にある「小舟木エコ村」に行った。

  http://kobunaki-ecomura.com/

 船井総研で視察ツアーをそこで開催したのだ。松尾設計室の松尾社長と一緒にパッシブデザイン・ゼロエネルギー住宅を学ぶための視察だった。

 このテーマへの注目度が高いからだろう。

 全国から30名の方が集まった。

 小舟木エコ村のコンセプトは以下のとおり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 エコ村構想は、2000年に生まれました。

 

 この自然豊かな地球で、ずっと暮らしていけるように暮らし方を見直そう。人も、あらゆるいきものも、いきいきと暮らせる社会をつくろう。

 

 そんな思いをもった人々が集まったNPO「エコ村ネットワーキング」(のちにNPO法人化)の誕生をきっかけに、持続可能な社会のモデルとしてエコ村づくりを進めることになりました。

 

 そして近江八幡市の「小舟木エコ村」は、まちづくりを担う事業会社「地球の芽」が立ち上がり、地域の協働の場である小舟木エコ村推進協議会が設立され、20071月に着工しました。

 

 日本で最初のプロジェクトとなる「小舟木エコ村」。ここから、新しい暮らしをつくっていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 日本の原風景も感じる環境に恵まれた街。

 

 家族が自然や生き物と一緒に落ち着いた生活ができそうな素晴らしい環境だった。

 

 さらに、松尾代表のパッシブデザインへの考え方。

 

 最も興味深かったのは、消費者メリットと省エネは必ずしも一致しないということ。オール電化はその最たるものだという話だった。

 

 もっとも考えないといけないのが、「一次エネルギーの省エネ化」。

 

 その考えを取り入れた、自然の恵みを取り入れた住宅設計は心地よかった。

 

 環境と建物が見事にマッチしていた。そこで暮らす家族の心地よさがイメージできた。

 

 この感じはどこかで感じたものだなと思っていたら、それは、ドイツへの視察ツアーで感じたものだった。

 

 http://www.funai-jyutaku.jp/tour/20061025_1.html

 

 今回も、自然環境や庭を住宅設計にどのように取り入れるかを学ぶことができた視察ツアーだった。

 

 

【MISONO REPORT 2011年1月26日より】

 

 

 

 

 

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄