味園健治【船井総研】 注文戸建、分譲戸建、リフォーム、中古再生ビジネスのコンサルティングプログラム。セミナー・ツアー・研究会・商品情報から経営相談のご案内

HOMEトピックス

トピックス

[UPDATE 2011/06/12]

2010年6月 沖縄視察ツアー【住宅不動産ナンバーワン倶楽部】2010年5月開催。

MISONO REPORTより



「沖縄のニッチトップ企業」(2010年5月21日)


 昨日、沖縄に入った。


 私が主宰している業績アップ勉強会【住宅不動産ナンバーワン倶楽部】の例会を今回は沖縄で開催しているからだ。


 昨日は環境ビジネスを展開しているトリムさんを視察した。ガラス瓶のリサイクル事業を手がけているのだが、それが今日本はもちろん、世界からも注目を集めているという。


 その理由は、他にはないからだ。


 世界でここだけの技術がある。


 創業者の新城社長に講演をしていただいたのだが、目のつけどころ、そして収益化するまでの発想がこの事業を儲かる環境ビジネスにしたのだと感じた。


 入口戦略と出口戦略。


 入口とは仕入れや製造といったこと。ここでは、商品開発力や技術力が求められる。


 そして、出口戦略には販売やマーケテイング力が求められる。


 環境ビジネスでは、儲からない事業も多いと言う。それは出口戦略が描けないケースが多いからだ。


 トリムさんは出口戦略を描いた。


 世界から注目されるニッチトップ企業。面白い中小企業が沖縄にある。



 http://www.trims.co.jp/




「社員が社員のためにも働く」(2010年5月22日)


 楽しい朝礼だった。


 デイズニーランドのスタッフが見にきて、デイズニー以上だと言われた朝礼。


 昨日、視察した沖縄教育出版様の朝礼だ。笑顔、笑い声がたえない1時間半だった。


 船井総研が大切にしたいものとして高嶋社長は「自由・自律・連帯」をあげている。これは、沖縄教育出版様からも強く感じることができた。


 自由とは何をやってもいいというものではない。規律があるなかでの自由である。船井総研のコンサルタントとしてやってはいけないこと、やらなければいけないことがある。そのなかでの自由だ。経営理念、行動指針、ルールが規律になる。


 自律とは自責で考えること。他責の人間にはならないこと。そして、自分が納得、理解して決めたことは確実に実行をすること。


 連帯とは、まずお客様との密着力を強め、関係性を強くすること。そのうえで、社内のメンバー同士が連帯をすること。


 顧客満足と楽しい仕事に向かって、川端社長が先頭にたち真剣かつ本気で向かっている。


 社員が自分のために働く。社員がお客様のために働く。社長も自分のために働く。社長もお客様のために働く。


 そして社長は会社のために働く。次に、社長は社員のために働く。


 さらに、そのうえに社員が社員のためにも働く。


 同時にすばらしい収益性も実現している。


 今回、そういった会社があることを知った。


 有意義な沖縄ツアー2日間だった。

儲かる!住宅ビジネスコンサルティング

お客様から圧倒的な支持を受ける
会社になるための実践サポート

当たるチラシ-見込み客を生み出す集客法- 売れる-受注率をUPさせる営業方法- 稼げる組織-生産性を高める為の組織作り-
業績アップのご相談なら?
■お電話での受付について
受付時間:10:00~17:00
定休日:土・日・祝日
■メールはこちらから
contact@funai-jyutaku.jp
ネットで全国に対応可能
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉県,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山, 福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛, 徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄